1. トップページ >
  2. 運転免許の基礎知識 >
  3. 必要な視力

必要な視力について

運転免許証運転免許の適正試験では、視力検査が行われます。
ひつような視力は、免許の種類によって異なります。

運転免許に必要な視力
原付免許 両眼で0.5以上(※一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.5以上)
小型特殊免許
普通第一種免許 「両眼で0.7以上」かつ「一眼でそれぞれ0.3以上」(※一眼の視力が0.3に満たない方、若しくは一眼が見えない方については、他眼の視野が左右150度以上で、視力が0.7以上)
中型第一種免許(8t限定中型)
二輪免許
大型特殊免許
大型第一種免許 「両眼で0.8以上」かつ「一眼がそれぞれ0.5以上」に加えて、深視力として、三桿法(さんかんほう)の奥行知覚検査器による検査(3回)の平均誤差が2センチ以内
中型第一種免許(限定なし)
けん引免許
第二種免許

視力が検査の合格基準に達していない場合は、眼鏡等により矯正することが可能です。

運転免許の基礎知識に戻る

運転免許 学科試験模擬問題集トップ

運転免許の基礎知識
免許の正式名称 運転免許証 点数制度 反則金と罰金の違い
道路標識 必要な視力 運転免許の種類 運転できる車の種類
自動車の種類 日常点検 定期点検 法定速度
緊急自動車の優先 路線バスなどの優先 自動車の停止距離 速度と停止距離
警音器の使用 駐車と停車 駐車禁止の場所 駐停車禁止の場所
二重追い越し禁止 安全地帯 高速道路を通行できない車 高速自動車国道の法定速度
無余地駐車の禁止と例外 ハイドロプレーニング現象 保管場所の確保 子どもの計算方法
最低速度 交差点における優先(優先道路) 警察官による手信号  

学科試験模擬

道路標識・標示

公式Androidアプリ

普通免許の無料問題集アプリ配信中!普通免許アプリロゴ

制度・交通ルール

運転免許の本

免許取得情報

インフォメーション

表示:スマートフォンパソコン
Copyright (c) 2011-2017 運転免許 学科試験模擬問題集 All right reserved