1. トップページ >
  2. 運転免許の基礎知識 >
  3. 反則金と罰金の違い
普通免許アプリロゴ

公式アプリ 【普通免許無料問題集】 配信開始

Android app on Google Play QRコード

反則金と罰金の違い

交通違反をした場合に、違反の内容によって違反金が「反則金」と「罰金」に分類されます。この二つはどのような違いがあるのでしょうか?

反則金

反則金とは交通反則通告制度に基づいた行政処分として課せられる過料のことです。反則金を支払う場合は比較的軽い交通違反の場合で、交通反則告知書(俗にいう青キップ)が発行された場合です。この場合は反則金を支払うことで刑事手続きが免除され、前科がつくこともありません。
反則金は違反内容によって金額が決まっています。
【反則金が課せられる例】
信号無視・駐停車違反・携帯電話使用・騒音運転・整備不良など

罰金

罰金とは交通反則通告制度に基づいた刑事処分として科せられる過料のことです。罰金を支払う場合は反則金よりもより重い交通違反の場合で、俗に「赤キップ」と呼ばれる書面が発行された場合です。この場合は検察庁などへ任意出頭が通知され、通常の刑事事件として刑事処分の対象となります。
なので、罰金は懲役刑や禁固刑と同一線上にあるものです、場合によっては懲役刑が科せられることも胆に銘じておきましょう。
また、罰金には違反内容によって上限は定められていますが金額は決まっていません。
【罰金が科せられる例】
危険運転致死・酒酔い運転・麻薬等運転・無免許運転など

補足

反則金と罰金のどちらに該当しようとも、交通違反をした際にはどの場合も行政処分として違反に対する点数が科せられます。
交通違反の点数について

また、同じ違反でも違反の度合や車両の種類などによって反則金か罰金か変わるものもあります。

・ 速度超過(スピード違反)
30q以上・・・罰金 30q未満・・・反則金

・積載物重量制限超過
大型自動車による10割以上の制限超過・・・罰金 その他・・・反則金

交通違反の反則金について
放置・駐停車に関する交通違反の反則金について

運転免許の基礎知識に戻る

運転免許 学科試験模擬問題集トップ

運転免許の基礎知識
免許の正式名称 運転免許証 点数制度 反則金と罰金の違い
道路標識 必要な視力 運転免許の種類 運転できる車の種類
自動車の種類 日常点検 定期点検 法定速度
緊急自動車の優先 路線バスなどの優先 自動車の停止距離 速度と停止距離
警音器の使用 駐車と停車 駐車禁止の場所 駐停車禁止の場所
二重追い越し禁止 安全地帯 高速道路を通行できない車 高速自動車国道の法定速度
無余地駐車の禁止と例外 ハイドロプレーニング現象 保管場所の確保 子どもの計算方法
最低速度 交差点における優先(優先道路) 警察官による手信号  

学科試験模擬

道路標識・標示

公式Androidアプリ

普通免許の無料問題集アプリ配信中!普通免許アプリロゴ

制度・交通ルール

運転免許の本

免許取得情報

インフォメーション

Copyright (c) 2011-2017 運転免許 学科試験模擬問題集 All right reserved