1. トップページ >
  2. 道路標識の種類と意味

学科試験模擬

道路標識・標示

制度・交通ルール

運転免許の本

免許取得情報

インフォメーション

道路標識の種類と意味

道路標識の種類は大きく本標識と補助標識です。
本標識は規制標識、指示標識、警戒標識、案内標識の4種類があります。

道路標識 本標識(4種類) 規制標識 例:規制標識の例規制標識の例2規制標識の例3
指示標識 例:指示標識の例1指示標識の例2指示標識の例3
警戒標識 例:警戒標識の例1警戒標識の例2警戒標識の例3
案内標識 例:案内標識の例1案内標識の例2
補助標識 例:補助標識の例1補助標識の例2
その他 その他の標識など 例:その他の例1その他の例2

規制標識

特定の交通方法を禁止したり指定するものです。
「通行止め」「車両通行止め」「車両進入禁止」などがあります。

規制標識一覧

指示標識

特定の交通方法ができることや道路交通上決められた場所などを指示するものです。
「並進可」「駐車可」「優先道路」などがあります。

指示標識一覧

警戒標識

道路上の危険や注意しなければならない状況などを前もって知らせて注意を促すものです。
「十形道路交差点あり」「横風注意」「ロータリーあり」などがあります。

警戒標識一覧

案内標識

地点の名称・方面・距離などを示して、通行の便宜を図ろうとするものです。
「市町村」「方面と距離」「方面と車線」などがあります。

案内標識一覧

補助標識

本標識とともに取り付けられ、本標識が示す規制などを補足するものです。
「距離・区域」「日・時間」「車両の種類」などがあります。

補助標識一覧

運転免許 学科試験模擬問題集トップに戻る

表示:スマートフォンパソコン
Copyright (c) 2011-2019 運転免許 学科試験模擬問題集 All right reserved