運転免許証の再交付

スポンサーリンク

スポンサーリンク

転免許証の再交付に必要なもの、手続きの流れなどについてです。

運転免許証の再交付は住所地の公安委員会に申請します。

運転免許証の再交付ができるのは紛失、盗難、破損した方のみです。

新しい免許の交付は原則、その日のうちに行われます。(1時間程度)

再交付に必要なもの(必要書類等)

・写真1枚(縦3cm×横2.4cm)
・印鑑
・住所、氏名、生年月日を確認できる書類
(紛失、盗難、破損が激しい場合)
・免許証(破損などの所持している場合のみ)
・手数料(3,650円)

注意事項:
写真は申請前6か月以内に撮影した無帽、正面、上三分身、無背景のものです。
免許証の破損が激しく顔写真が鮮明ではない場合は、別途本人確認書類が必要です。
住所等の変更がある場合は、記載事項変更手続に必要な書類を用意してください。→運転免許証の住所変更(記載事項変更届)

外国籍の方は、外国人登録証明書または登録原票記載事項証明書等が必要です。

再交付手続きの流れ

1.再交付の申請書作成
2.申請・受付
3.てん末書作成
4.暗証番号の設定
5.写真撮影
6.新しい免許証の交付(完了)

運転免許証の再交付の手続きはこのような流れです。

運転免許証について

運転免許 学科試験模擬問題集トップ

運転免許証について
住所変更 有効期間
有効期間の特例 国外運転免許証の有効期間
更新 更新の特例
失効 紛失・破損
再交付 臨時適正検査
高齢者講習 申請による取り消し
運転経歴証明書  
表示:スマートフォンパソコン

プライバシーポリシーお問い合わせ

掲載内容の無断転載を禁止致します。

(c) 運転免許 学科試験模擬問題集

ページ先頭に戻る